ホーム健康メディカル・ミディアムMedical Medium:胃腸の問題

メディカル・ミディアムMedical Medium:胃腸の問題

便秘

小腸および結腸での炎症が原因の可能性がある。炎症があると、蠕動運動を弱める。炎症の原因となる病原体はエプスタイン・バーウイルス(EBV)、大腸菌、帯状疱疹ウイルス、HHV6、レンサ球菌。病原体と戦うには病原体が好きな食物を摂らないようにする。セリアック病は自己免疫疾患ではない。グルテンがレンサ球菌の好きな食物のため、レンサ球菌が強くなり、炎症を起こす。

肝臓も対象にする必要がある。肝臓は毒素、重金属、農薬、除草剤、殺菌剤、殺鼠剤、放射線、および溶剤も吸収するため、滞ってしまう。脂肪も減らして負担を軽くすることも必要となる。

大腸炎

帯状疱疹ウイルスが血管を破裂させてしまう。

腸管壁浸漏症候群

殆どの場合、大腸内視鏡検査で穿孔を起こすことが原因。他に大腸菌やレンサ球菌が結腸の深いポケットに感染する憩室症の場合がある。
腸管壁浸漏症候群とされる人は誤診の場合もある。肝臓が弱くなり、消化の働きが悪くなり、腐った食物が病原体に与えられ、アンモニアガスを発生させる。

カンジダ

実はカンジダは善玉菌で、ライム病、帯状疱疹、エプスタイン – バーウイルス、ヘルペス、糖尿病などの病気と併発することもあり、カンジダの増殖は警告徴候となる。

過敏性腸症候群(IBS)

レンサ球菌の感染と滞った肝臓が原因。盲腸、回盲弁の炎症で下痢や便秘を起こす。

胃炎

ポケットに溜まった毒性のガスが神経を刺激する。

ヒーリングフード

セロリジュースを少なくとも100グラム、理想は400グラム飲みたい。卵や乳製品を避ける。バナナ、パパイヤ、冬カボチャ、キュウリ、トマトなど

KAMUYAI編集部http://kamuyai.com
本質を突いた、長く読まれる記事を目指します。

あわせて読みたい